愛犬の体臭がうんちのような臭いになった原因と対策

今回は、前回に続いてゴールデンレトリバーの話をします。

この子の体臭がうんちのようなニオイになった原因とその対策を同じような悩みを持つ人の役に立てればと思って書きます。

このゴールデンレトリバーの様子が変わったのは、丁度7歳になって数か月が経過した夏の事。

見た目にも疲れた感じで元気が無い様子でした。しかし、季節が夏だったこともあり、暑いせい?と気に掛けながらも特に手を打つことはしませんでした。

すると、今度は明らかに毛の手触りが悪くなり、毛艶も落ちていったのです!

その頃と同じくウンチの匂いや口臭も(汗)臭いの感じはハッキリとは記憶はしておりませんが、好ましくない臭いでした。

以前は全く気にならなかったのにです。これはちょっと…と思い、その時の状態から調べてみたら、どうもフードが上手く消化できていない可能性が考えられました。

今まで食べていたフードが、しらずしらずのうちに7歳の愛犬には合わなくなって来ていた様でした。

一応、変えてはいないと言っても年齢に合ったモノには変えていました。銘柄は変えていないと言う事です。

早速、出来る限りの情報をネットで集めました。とりあえず、牛肉メインのフードからお魚メインにチェンジする事に。

また、食後にあたえていたガムも牛皮のモノは排除しました。牛肉を可能な限り取り除いたから何が変わるのか分かりませんでしたが。

しかし、その時は思いつく事はとりあえず全部やってみよう!の一心でした。

愛犬が臭うと言う事はやはり困ります。可愛い事には変わりはありませんが、傍に居ると臭いが気になってしまうのです。

それより何より、愛犬の体調の変化が心配でした。人間も口臭がしたりする時は必ず原因がありますから。

そして、お肉メインからお魚メインに変えてみた結果…これは大正解でした。まず変わったのはウンチの色と臭いです。

素人が見ても分かる様に濃い茶色というか、黒に近い色から黄色に近い色に変りました。

最初はあまりの変化に驚きましたが、黄色に近い色の時は食物繊維が多い時などだそうで、確かにお魚メインのフードには野菜も含まれていました。

毛艶ももよみがえり、何より以前の活発な愛犬が戻って来たのです。

今回のことで、フードの与える影響の大きい事を実感しました。更に年齢を重ねていくうちに、ウチの愛犬はどうも胃腸があまり強くない事も分かりました。

この件に関しても食物繊維の多い、お魚メインのフードに替えた事が良かったようです。13歳で虹の橋を渡るまで、フードは変えずにそのままでいました。

愛犬が臭う時にはなにかしらの原因が必ず潜んでいるのだと思います。

ものを話せない犬たち…飼い主さんの方ができる知識をつけ、歩み寄る事で解決で事もありますよ。

話は変わりますが、先日、柴犬が欲しいと言ってた大阪の友達ですが、なんと!

大阪ではあまり良い子犬に巡り会えず、なんと兵庫県の柴犬のブリーダーさんを数件足を運んだそうです。

そこまでしっかりと選べば、間違いないですね。

ゴールデンレトリバーの無駄吠えのしつけに苦労した話(汗)

今日は、その昔、実家で飼っていたゴールデンレトリバーの話をします。

愛犬はゴールデンレトリバーのオスで、当時は両親、私、犬で一軒家に暮らしていました。

子犬のときから落ち着いた性格でトイレなどのしつけはわりとスムーズにいったのですが、無駄吠えだけがなかなか改善されませんでした。

無駄吠えは幼い時から気になってはいたのですが、特に気になり始めたのは1歳になったくらいからです。

ちょうどその頃、実家にベランダができたので、よくそこに出して遊んでやっていました。ゴールデンレトリバーで毛がかなり長いため、家の中を頻繁に掃除する必要があります。

そのため家の中を掃除するときは、犬をベランダに出していたのです。すると、ベランダにいると無駄吠えをするようになってしまったのです。

ベランダに出ると、お隣に住んでいる方が飼っていらっしゃったポメラニアンが見えるらしく、かなり大きな声で吠えていました。

無駄吠えが始まってから、うちに嫌がらせの電話が数回かかってきたこともあります。かなりきつい言い方で怒ったりするものの、無駄吠えはなかなか改善しませんでした。

叱ったりすると、その時は吠えるのをやめてくれるのですが、その効果は長くは続きません。問題を解決するために、犬のしつけの動画をたくさん検索しました。

その中の1つに無駄吠えを犬がした時は、犬が嫌がったりびっくりするような大きな音を出すと良いという方法がありました。

吠えることによってこの怖い音が鳴るということ学習すれば、犬は吠えるのをやめるようになるというのです。

ただ、1つこの方法には難しい点があります。それは、犬が吠え始めた時に人間の仕業とわからないように大きな音を出すということです。

どこから出てくる音かが認識できず、犬が恐怖心を抱いたり居心地のわるさを感じることが大切です。

そこで我が家では犬が無駄吠えを始めると、机の下に隠しながらお鍋の蓋を合わせてシンバルのようにして大きな音を出しました。犬はびっくりしてすぐに吠えるのをやめます。

時には対抗しようと大きな声で吠え返してきたこともありましたが、何の音か特定できない限り、きょろきょろと怖がっているように見えました。

しばらくたつとまた吠え始めるのですが、根気よく吠えたら大きな音を出すということを繰り返しました。すると、1週間程でほとんど無駄吠えは気にならなくなりました。

1ヶ月程たつとまた吠え始めたのですが、再度同じ方法で脅かすことを繰り返したところ、無駄吠えをやめるようになりました。

愛犬が無駄吠えをすることに悩んでいる飼い主の方がいらっしゃいましたら、ぜひ犬に音の出所がわからないように気をつけながら、試していただく価値はあると思います。

話は変わりますが、大阪に住む友達が柴犬を飼いたいと話をしていた。柴犬というか和犬は飼うのが難しい犬だから、最初に飼う犬としてはオススメできないよと言っておいた。

でも、どうしても飼うなら、必ず柴犬を専門にしているブリーダーから選ぶようにアドバイスした。大阪だけでもこれだけ専門の柴犬ブリーダーがいる。いくつか実際に行って欲しいな

無駄吠えの原因について

今回も、無駄吠えについて書きたい。

というのも、知人に無駄吠えについて相談されたからだ。知人に言った内容をそのまま、備忘録として記録しておくことにした。

1、ストレス
経験上、これが最も多いと思う。単純に運動不足。このときは遠吠えのように鳴くことが多いようだ。この解決法は、とにかく散歩して運動量を増やし、遊びの時間を増やす事。とても単純だ。

でも、意外とこれができない人が多い。理由は仕事や家事で時間がとれないからだ。

運動不足でストレスを抱えた状態だと、どんなしつけをしても意味が無い。全く聞く耳を持たない状態になる。だってストレスがたまった状態だからだ。

犬は散歩が必要な動物なので、まずはとにかく散歩。運動量を増やさないと、無駄吠えは無くならないと考えた方が良い。

2、要求吠え
犬が吠えながら人の様子を伺ったりして、ワンワンと吠えて、しばらくちょっと休んで、またワンワンと吠えるような感じで吠える。

あとキュンキュンと甘えたような感じで人を呼ぶような吠え方をすることも多いようだ。これは間違いなく要求吠え。

基本的な対応方法としては、「無視」が一番。

どんなにキュンキュン鳴いても、ワンワン吠えても、完全無視。これが一番。

でも、先ほどの「運動不足」があって、「散歩に連れて行って欲しい」という要求吠えの場合は例外。とにかく運動不足を解消してあげてください。

これがないと、何をやっても無駄吠えはなくなりません(汗)

3、恐い・興奮して吠える

何か興奮する事があって(例えば宅急便の人が来た)それで興奮したり恐かったりして吠えるパターンですね。

まずは、興奮させているものから遠ざけてあげたり、興奮させてるそのものを取り除いてください。

とはいえ、宅急便の人を家に来させないようにすることは不可能だと思いますので、そんな時は「吠えても静かにしたら良い事がある(=おやつがもらえる)」と学習させてください。

つまり、宅急便の人が来て、吠えても、ちょっと泣き止んだときにすかさずおやつをあげて褒めてあげるわけです。

これを繰り返すと、「静かにするとおやつがもらえる」とわかって、宅急便の人が来ても泣き止むようになりますよ。

‥と、3つを説明したけど、やはり重要なのは「1のストレス」

これは2と3にも連動していると思う。まずはとにかく、運動させてエネルギーを発散させてくださいね。

ちなみに、これは実家の近くにある須磨のサロンのトリマーさんに教えてもらったしつけの基本的な考え方だ。

彼女には色々と教えてもらって役に立っている。

今回も婚活の話。べっ、別に意識してないんだからね!(汗)

今回も婚活の話をしたい。自分が結婚をしたいとか、結婚を意識しているわけじゃないのですが(汗)

この年になると友人の結婚式なんかにも呼ばれる事があるので、どうしても意識してしまう。まあ、こんな田舎でまったり暮らしてて出会いもないけどね(笑)

でも、「街コン」なら自分も参加しようかなと考えている。あまり気負いせずに同じ地域に住んでる人とおしゃべりしに行くつもりで参加すると良いと聞いたし。

テレビや雑誌でもちょくちょく話題として取り上げられている「街コン」は、全国の都道府県の自治体などでも、地域プロモーションのひとつとして期待されて開催されていることもありますね。町おこしのような感じです。

街をあげて開催される街コンは、理想の異性との巡り会いを期待できる場として認知されているそうです。

たしかに、富山で開催されているものは、その地域でも人気のあるレストラン等で、魅力的な料理やお酒を堪能しながら、にぎやかに談笑できる場になってます。

「交際のきっかけは街コンでした」といった言葉をちょくちょく聞くようになりました。それが自然になるほど結婚を希望する男性・女性にとって、なくては困るものになったと言っていいのでしょう。

そして、街コンと言えば「縁結びの場」であると思い込んでいる人が多いのですが、「恋人候補が見つかるかもしれないから」ではなく、「普段知り合えない人とおしゃべりしてみたいから」という狙いで足を運んでいる人も中にはいます。

実は、友人がこのタイプで、婚活や恋活のために参加したんじゃなくて、普段は接点がないような職業の人とも出会えるのが楽しくて参加していたようです。

その中から、気に入った人ができて、恋愛に発展して、結婚というある意味、理想の過程を経てゴールに到達しました。自分としては羨ましいかぎりです(笑)

最近では、恋愛から自然に流れて結婚という考えが一般的で、「恋活のつもりが、結果的には恋活で出会った恋人とゴールインしていた」という話もあちこちで見受けられます。本当に羨ましいです(笑)

そんな友人は私の地元・神戸で式をあげるそうです。しかも!なんとあの相楽園です。神戸っ子には神戸北野ホテルと同じくらい有名な式場ですね。

こちらの三宮・元町・旧居留地にある結婚式場一覧ページにありましたが、相楽園は今はリニューアル中だそうですが、すでに式場の下見も行って、見積もりもだしてもらったそうです。

私も出席するのが楽しみです♪

犬のトリミングや毛玉のカットの方法

今日は自分の作業メモも兼ねて、トリミングや毛玉のカット方法を書いておこうかと思います。

トリミングとは、一般的にはブラッシング・シャンプー・肛門線絞り・カット・爪切りの5工程を言います。

最初はブラッシングです。ブラッシングを毎日することによって、血行を良くしてワンちゃんの体調や気分を良くすることができます。

ブラッシングで汚れが取れるだけではなく、わんちゃんの体調管理もできるブラッシングは必須ですね。

それに、ちゃんと毎日スキンシップをすることで飼い主さんとの絆も深まるでしょう♪

そうそう、トリミングに毎月いくのが面倒だ!とか、少しでも節約したいという方は、毛玉をとってあげてください。

その為には、トリミング用のハサミのセットが必要ですが、Amazonで3000円くらいで売ってますから、それで十分です。

毛玉になりやすいのは、お尻付近と耳付近ですね。あと、足の裏(パット)の毛もついでに切ってあげて下さい。

ちなみに、大型犬の足の裏の毛はそんなに伸びないと思います。小型犬の方が気を付けてあげた方が良いです。

毛玉を切るのと同時に、パットからはみ出た毛を切ってあげると、家の中でも滑りにくくなります。

話が前後しますが、毛玉のカットですが、まずはクシでほぐしてください。それが無理ならカットするわけですが、最も注意する点として、

毛玉の硬くなった部分をカットする!

です。

よくある間違いは、毛玉の下(皮膚の近く)をハサミでカットしようとするのですが、これをすると多くの場合は皮膚をカットしてしまいます。

ですから、毛玉になっている部分(固まっている部分)をカットして、クシでほぐしてください。

まあ、そんな感じでこれも三ノ宮(神戸)のサロンで働く師匠(と自分が勝手に思っている)に教えてもらったことですが(笑)

柴犬の無駄吠えのしつけについて

私は犬と一緒に暮らしているので、今回は無駄吠えについて思うことを書いてみたい。

良くある柴犬のしつけの悩みごととして、「吠えてうるさい」を挙げる人がいます。散歩中に横を通る人や犬に向かってやたらに吠えたり、宅急便の人がきたら吠えたりするわけです。

犬でも精神的に弱いと、基本的に無駄吠えしたりすることが多くなるようです。この無駄吠えの原因は、身の危険に対する警戒心や恐れによる錯乱によるものと考えられています。

特に、チワワやミニチュアダックスのような小型犬の場合にその傾向が顕著で、「吠えてうるさい」というの悩みをもつ飼い主さんが多いようです。

無駄吠えさせないしつけの方法について、悩んだりしている方が多いと聞きます。近隣の人たちと問題を引き起こしたりするので、とにかく素早く矯正させたいわけです。

無駄吠えについては、つまり吠える必要のないような状況に吠える、あるいはオーナーが吠えられたら困る際に吠えることですし、必ず矯正したいものでしょう。

でも、よく考えて下さい。「問題行動」は環境によって環境によって「問題」ではなくなります。

例えば、我が家のまわりはそれなりに人が住んでいますが、愛犬が吠えても、うるさいと感じる人はあまりいないでしょう。

というのも、マンションのような集合住宅に住んでるわけじゃないからです。

また、もっと田舎に住むと、周囲300mくらいは人が住んでいない地域もたくさんありますから、そうなると犬が少しくらい吠えても全く「問題」にはならないのです。

つまり「問題」かどうかは、あくまでも「環境」でかわるという事です。人間の都合でしかないわけですね。

次に、いろんなしつけ教材では「吠える犬たちをいかに矯正するべきか」といったテクニックのみに注目しております。ですが、飼い犬が吠える原因が解消されないんだったら、それらのテクニックはしつけの障害になります。

無駄吠えするには何らかの原因があるはずです。特に多いのが「運動不足によるストレス」です。

まずはしっかり散歩や運動をして、疲れさせてください。これが基本です。それがなければいくらテクニックを駆使しても大きな成果は望めません。

次に、飼い犬が無駄吠えすることをしなくなったのを見計らって、餌などをやるようにするのが良いです。吠えない事と報酬を合せて、学習させるわけです。

‥と、偉そうに書きましたが、これは全て師匠の受け売りです。実は私には犬のしつけの師匠(私が勝手に師匠と思ってる)がいます。

本当に犬のことをよく勉強して、犬の気持ちがわかってます。彼女は、こちらの神戸のトリミングサロンで働いています。こんなトリマーさんがいる店なら通わせても安心です。

富山で婚活?久しぶりに神戸に帰省

さて、今回は婚活について書きたいと思います。理由は、友人のSくんが結婚したから。披露宴に招待されたので、ついでに神戸の実家にも帰省してきました。

実は、このSくんは奥さんと知り合ったのは恋活アプリだとこっそり教えてくれました。こんな富山の田舎に住む私にはちょっと勇気のでる話です。だって女性と知り合うキッカケが全くない(笑)

恋活をやっている人達の大半が「格式張ったお見合いは面倒だけど、恋愛関係になって好きな人と穏やかに生活していきたい」と思っていると聞きます。

そんな時に便利なのが恋活アプリ。これは単純にマッチングしてくれるアプリです。

それとはちょっと違いますが、結婚情報サービスがあります。これは恋活アプリよりももう少し詳しい情報を登録してマッチングしてくれるものです。

オンライン上で利用する結婚情報サービスは、年齢や職業といった条件を定めることで、登録メンバーであるいろいろな方の中から、興味をひかれた人を発見し、直接または担当スタッフに仲介してもらって仲良くなるサービスです。

その他にも、結婚の候補者を見つけるために、独身の人が利用するイベントとして知られているのが「婚活パーティー」です。

大小様々な規模の婚活パーティーが各々の地域で定期的に開かれており、婚活サイトを利用して活動するケースも増えてきたそうです。

自分が住んでいる地域ではほとんどやってないので、ちょっと厳しですが(汗)

ほんと、こんな田舎でどうやって女性と知り合えば良いのか?地元出身ならまだしも。どうしようか真剣に悩み中です。

ちなみに、Sくんはこちらの神戸北野の結婚式場一覧にあるサッスーン邸で洋館ウェディングをしてました。とても雰囲気の良い場所でした。

自己紹介

富山県射水市に犬と一緒にまったり暮らすアラサーのブログ。

生まれは兵庫県神戸市。両親は今でも神戸に住んでいる。でも、仕事で転勤が決まってから富山に来ました。

最初は、「富山?どこそれ?」って感じでした(笑)ぶっちゃけ、神戸を離れるのは嫌だったんですよ。

でも、今は富山の田舎で愛犬とまったり暮らしてます。贅沢はできないけど、のんびり暮らせて幸せです。

富山県民の県民性といえば、「持ち家率第1位」「個人貯蓄残高7位」「共働き世帯割合3位」などいわれ、勤勉でまじめな人柄を言われることが多いようです。

でも、実際に住んでみた私の感想を言えば、富山県民は(というか、富山に限らず田舎はどこもそうだと思うけど)かなり閉鎖的です。

だから、アラサーの私が田舎で暮らすのは大変です。「ガチ田舎」だと、暮らせないと思います(笑)たぶん私なんて村八分ですよ。

今日まで何とかなってるのは、ガチ田舎ではなくて、富山の中でもやや新興住宅地のような場所だから。

これがガチ田舎なら、こんなよそもんが暮らしていけるわけない(笑)

ガチ田舎なら、なんで30代のお前がぶらぶらと昼間から犬の散歩をしてるんだ?と言わんばかりに、奇異の目でじろじろとみられるだろう。

近所で買い物だって出来ない。そのへんをブラブラ散歩するのも鬱陶しくなって、何でもAmazonで済ますかもしれない。そうなるとますます引きこもりになるな(汗)

ということで、まったりと思うことを綴っていきます。よろしくお願いします!